世界の飢餓ニュース

私たちの知らないところで起きている飢餓問題の現状を知ろう。

モザンビーク「種子バンク」の取り組み

国連食糧農業機関(FAO)は、この4月までに、サイクロン被害を受けたモザンビークで、農業回復のために支援を行ってきた。「イダイ被災」では600人以上が死亡し、185万人が被災。収穫期目前の洪水によって......

国連、飢餓問題について警告

 国連は9月28日、世界的に懸念される問題として「食糧不足、飢餓、栄養失調」に言及し「食料の無駄」を減らす具体的行動へ踏み出すように世界に訴えた。背後には、世界食糧農業機関(FAO)がまとめた2019......

「食料ロス・廃棄啓発のための国際デー」

 2014年以降、「飢餓」に直面する人々の数が徐々に増加している。しかし毎日何トンもの食料品が無駄になり廃棄される現状がある。「貧困と飢餓」を撲滅し、誰もがまず「食べられる」社会を実現するには、食品廃......

COP26「2030年を目標に気候変動に対応する」

 「国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)が英国グラスゴーで10月31日~11月12日に開催される。COP26はパリ協定など、気候変動に対応するための国際的枠組みの構築と目標達成のために......

【映像】チャド湖岸遊牧民の「貧困と飢餓」に立ち向かう女性

 アフリカ大陸中央部、チャド、ニジェール、ナイジェリア、カメルーンにまたがる「チャド湖」は、約1700平方キロメートルの広さを誇る。日本の東京湾、有明海、伊勢湾に匹敵する大きさである。1980年代後半......

世界銀行とCOVAXがワクチン配分を強化

 世界銀行とCOVAXは7月26日、COVID-19ワクチンの発展途上国への分配を強化すると発表した。COVAXは、2020年に発足した国際的枠組みであり、所得の高い国々が拠出金を提供し、途上国にワク......

EUデータソン2021「持続可能な食生活」への取り組み

 EUデータソン2021 (EUDatathon)が盛り上がりを見せている。同イベントは欧州連合出版局が主催し、「若者世代の雇用を生み出し、持続可能な食生活を担保し、欧州連合(EU)の意思決定をより市......

ガーナ北部「植物性バター」の挑戦

 持続可能な開発と環境保護、また女性の社会的地位向上について、ガーナ北部での取り組みが注目されている。  「シアバターノキ(シアの木)」はアフリカ大陸・最西端ヴェルデ岬から内陸国のチャドにかけて分布す......

【FAO】パンデミック下での食品衛生のガイドライン策定

 国連農業食糧機関(FAO)は、農家や食品生産に従事する人々のために、COVID-19感染リスク軽減を支援するガイドラインを発表した。同ガイドラインは、食品安全に関するポリシーとして英語、アラビア語、......

【FAO報告から】アフリカ農業のボトルネック

 アフリカ大陸における農作物の生産過程において、全体的な資金不足が問題となっていると国連が指摘している。経済的停滞が、アフリカ地域全体における持続可能な発展を妨げている現状がある。  食糧農業機関 (......

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する