世界の飢餓ニュース

私たちの知らないところで起きている飢餓問題の現状を知ろう。

ロックダウン後も二酸化炭素レベルは変わらず

 世界気象機関(WMO)は、COVID-19パンデミックによる世界的な産業の減速にもかかわらず、地球温暖化(温室効果ガス排出)の抑制は成功していない。  ロックダウンは、多くの汚染物質や二酸化炭素など......

コロナ禍における「女性」の活躍

 パンデミックの混乱、それに伴うロックダウンにより、女性への暴力事件が急増している。国連女性機関(UN Women)の事務局長であるムランボ=ヌクカ氏は、「ジェンダーニュートラルな危機は存在しないし、......

COVIDワクチン「トンネルの先に光」 WHOチーフ

世界保健機関(WHO)は11月23日、記者団に対し、ワクチンがCOVIDパンデミックの終息に不可欠な役割を果たすと述べ、「本当の希望が見えてきた」と伝えた。 「ワクチン試験からの最新のニュースは明るい......

イエメンにおける記録的な子どもの急性栄養失調

 「アラビア半島の最貧国」と呼ばれるイエメンの内戦について、国連(UN)は「世界最悪の人道危機」と認定している。国連児童基金(UNICEF)は、資金不足ゆえに、イエメンで子ども数百万人が飢餓に直面し......

【FAO】農業・農村開発がアフリカの貧困と飢餓を根絶する鍵

 ジンバブエ政府が主導し、国連食糧農業機関(FAO)が協力して開催してきた「アフリカ地域会議」の第31回会議が10月27日に開催された。同会議は、「農業・農村開発が、アフリカの貧困と飢餓との戦いに勝利......

【FAO】ソマリア、210万人が急性「飢餓」に直面へ

 国連食糧農業機関(FAO)の食糧安全保障・栄養分析ユニット(FSNAU)、飢饉早期警戒システムネットワーク(FEWS NET)は、ソマリアにおいて210万人が急性「飢餓」の危機にあると発表した。同国......

FAO「食の安全保障」に関する新データプラットフォーム

国連FAO、新たな「食の安全保障」に関するデータプラットフォーム  国連食糧農業機関(FAO)は7月から、COVID-19パンデミック後に求められる、より柔軟性ある「食糧システム」構築に有益な、新しい......

パンデミックは子ども「識字率」にもダメージ

パンデミックは子どもの飢餓と疾病のみならず「識字率」にも被害を与える  COVID-19パンデミックが、世界中で高齢者の命を奪うと考えられている一方で、貧しい国と地域における子どもたちへの被害は壊滅的......

マダガスカル「自給率」向上を目指して新品種開発

 小規模の家族経営農家の「食の安全保障」をどのように確保するか。この問いは「貧困と飢餓の撲滅」にとって重要だ。現在、マダガスカルでは、稲作の長い歴史の中で、新たな取り組みが行われている。  マダガスカ......

「飢え」に関する八つの事実

 世界食糧計画アメリカ支部(WFPA)は「飢餓」の意味とそれについての八つの誤解について報告しています。では、SDGsにも含まれる「貧困と飢餓の撲滅」とは具体的に何を意味するのか。  まず「栄養失調」......

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する