世界の飢餓ニュース

私たちの知らないところで起きている飢餓問題の現状を知ろう。

WFP「Covid-19がシリアの食糧安全保障を脅かすことにも」

 世界食糧計画(WFP)は、2020年度の「世界の食糧危機の報告」を公表。新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大により、世界的な「飢餓」の永続化または悪化が懸念される。  シリアは2011年以......

イエメンにおける貧困と飢餓・・病死のリスク

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が、100万人近いイエメンの難民の危機的状況を訴えている。UNHCR広報によれば、2020年4月時点で、大雨と洪水により、イエメン第二の都市アデンの避難民に深刻......

FAO発表「COVID-19時代における食の安全」

 国連食糧農業機関(FAO)は4月26日、「COVID-19時代における食の安全」と題して文書を発表した。同文書によれば、「現在、パンデミックの原因となっている新型コロナウイルス(COVID-19)が......

【WFP】コロナよりも心配されるバッタの第二波で「飢餓人口が2億5千万人を上回る試算」

アフリカから迫るバッタ巨大群の第二波――食糧危機は加速するか(Yahoo!ニュース) 世界ではコロナ蔓延により、生産や物流の停滞、所得の低下が広がっていて、すでに食糧危機が懸念されている。世界食糧計......

飽食の国の米国でFRACが学校給食活動

 アメリカ食糧行動研究センター(FRAC)は、米国内の「貧困と飢餓」関連に取り組む著名なNGO団体だ。飽食の国、アメリカにおいても過食と栄養失調、貧困による飢餓状態という問題がある。また2020年3月......

FAO「ゼロハンガー世代を目指して」教材を提供

 国連食糧農業機関(FAO)は「ゼロハンガー世代を目指して #ZeroHunger Generation」と題して、教育機関や保護者らのための資料ポータルサイトを構築した。「気候変動」「ゼロハンガーの......

新型コロナウイルスによる人道支援への被害

 新型コロナウイルス対策による各国での移動制限、または国境封鎖が人道的支援を必要としている多くの人々の安全を脅かしている。例えば、世界食糧計画(WFP)南アフリカ地域の責任者ローラ・カストロ氏によれば......

食料不安の増大が「性」暴力に発展 〜ウガンダからの報告〜

 国連開発計画(UNDP)は2019年末に、ウガンダの湿地帯・農村部において、気候変動が人々の生活に壊滅的な影響を及ぼしていることを報告している。激しい降雨、長期にわたる干ばつ、高温による不作と生産量......

ベネズエラの食糧難

 世界食糧計画(WFP)は2月末、ベネズエラの経済危機によるハイパーインフレで、人口の約3分の1(900万人以上)が充分な食糧を得ておらず、「飢餓と貧困」に直面し、要支援の状態にあると報告した。  こ......

南スーダン、人口の半数が深刻な食糧不安に

 南スーダンにおける食糧危機の深刻化が懸念されている。収穫減産期である5月から7月にかけて、人口の半数にあたる約650万人が、さらに厳しい「飢餓」状態に向かう可能性がある。  国連食糧農業機関(FAO......

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する