世界の飢餓ニュース|ハンガーゼロ

世界の飢餓ニュース

私たちの知らないところで起きている飢餓問題の現状を知ろう。

アフガニスタンにおける食糧危機

 アフガニスタンにおいて「貧困と飢餓」が加速している。同国ではタリバン政権以前より、国家予算の多くが外国からの支援によって成立していた。それゆえ、現在、多くの救援活動が大幅な資金不足に陥り、年内には再......

英国のキリスト教系支援団体「ティアファンド」の取り組み

 ティアファンド(TearFund)は、英国のキリスト教系の緊急支援・開発機関である。「世界の貧困を削減すること」に目標に掲げ、持続可能な開発を目指し、世界中の地域社会が食糧生産を行えるように支援して......

先進国における貧困と飢餓に対応する宗教系人道支援

 世界的な食糧難の増加によって、宗教系人道支援が活発化している。例えばキリスト教カトリック系の「カトリック・リリーフ・サービス(CRS)」は「信仰・行動・結果」を掲げて活動を展開している。現在の支援対......

シエラレオネの学校給食と飢餓対策

 世界的な物価高が叫ばれる中、新たな循環経済への取り組みが始動した。シエラレオネ北部カンビア地区タウヤ農民グループの女性たちは、歌を口ずさみながら手を動かしている。世界食糧計画(WFP)との協働事業と......

WFP報告「世界的な食糧危機」

 国連世界食糧計画(WFP)は2022年が紛争、COVID、気候危機、コスト上昇が重なり、世界の飢餓人口が最大8億2800万人に達すると警告した。人類は「未曾有の飢餓」に直面している。 これは毎晩8億......

国連・ソマリアの食糧危機に警鐘

 世界食糧計画(WFP)が継続的にソマリアの深刻な食糧不安について警鐘を鳴らしている。ソマリアの国土は「アフリカの角」と呼ばれる東アフリカ沿岸部に位置する。1991年以来の政治的・社会的混乱の中、20......

「食品安全の日」#WorldFoodSafetyDay

 世界保健機関(WHO)は、「#WorldFoodSafetyDay」を用いて「世界食品安全の日」を呼びかけている。世界食品安全の日は、毎年6月7日に開催される。2018年12月20日、国連が「持続可......

FAO「ウクライナ緊急支援計画」を策定

 世界の食糧庫ともいわれる大穀倉地帯を抱えるウクライナにおける戦争は2022年2月24日以降、大規模に拡大し、いまだ出口が見えない。当然の結果として、現地の人々、またウクライナの農産物に支えられてきた......

カメルーン活動家、世界林業会議で受賞

 カメルーンの活動家セシル・ンジャベト氏が、森林保護への多大な貢献が認められ、2022年ワンガリマータイ森林チャンピオン賞を獲得した。なお世界林業会議(World Forestry Congress)......

対食糧危機グローバルネットワークの取り組み

「対食糧危機グローバルネットワーク(GNAFC)」は4月5日、その年次報告書において「食の安全保障」の危機的な状況を指摘。食糧危機の規模と深刻さは、それぞれの地域の資源と能力をはるかに超えていることが......

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する