世界食料デー2022 WEB特集|ハンガーゼロ

世界食料デー2022 WEB特集

Small Action Everyday! 小さなことから一歩ずつ
あなたの1食分募金にご協力ください

ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)は、10月16日の「世界食料デー」に合わせて、9月1日〜11月30日を「2022世界食料デー月間」とし、飢餓啓発や募金運動を行う世界食料デー大会を全国13地区(都道府県)19会場で開催いたします。(8月末時点の計画)食料デー大会や関連のイベントは、各実行委員会や企業などが主催して行われます。開催日程は、大会開催一覧を参照してください。

世界食料デーは1981年に国連が制定、世界に広がる食料問題や飢餓、極度の貧困を考え、解決していくことを目的としています。今年の募金はコンゴ民主共和国、ケニア、インドネシアでの農業、エチオピアでのエイズ孤児の生活、フィリピンでの地域リーダー育成、インドネシアでの妊産婦の栄養改善などの活動をはじめ、全16ヶ国の支援活動に用いさせいただきます。また同時に子ども支援(6ヶ国で活動中)として、チャイルドサポーターも募集いたします。

Small Action Everyday !

「小さなことから一歩ずつ」

ハンガーゼロ「飢餓のない世界」の実現は、私たちの生活と世界との繋がりを知り、できることを実行することがから始まります。Small Action Everyday !「小さなことから一歩ずつ」を実践していきましょう。世界食料デーが、世界の平和と飢餓・貧困について考える機会となり、私たち自身の生き方を見つめ直し、持続可能な社会の実現に向けて、一歩を踏み出すことに繋がるように願っています。

今年も世界食料デー大会や、各種の関連イベントを開催頂ける方に、オンラインでもオフラインでもお使い頂ける、短い動画を用意いたします。白鞘慧海親善大使作曲による2022世界食料デーテーマ曲をBGMにした「テーマ動画(約5分)」や、飢餓を知る「世界食料デー講演動画(約15分)」、ほかキリスト教会向けに「聖書から語る飢餓についてのメッセージ(約20分)」や、Saki 沖縄アンバサダーによる「子どもメッセージ(約10分)」、親善大使「ゴスペル亭パウロ」さんの落語動画などもあります。9月以降YouTubeチャンネル「ハンガーゼロ」にて、順次公開(一部限定公開)していく予定です。動画についての問い合わせは事務局の東京事務所TEL.03-3518-0781まで。

食料デー大会の開催情報

世界食料デーテーマ動画

今年のテーマはSmall Action Everyday! 「小さなことから一歩づつ」。温暖化による異常気象や人間同士の争い、コロナウイルスにより、世界の飢餓問題はさらに深刻化しています。その解決のために、私たちがいまできる一歩である「小さなこと」をいっしょに考えてみましょう。

講演動画

現在、世界の飢餓人口は8億2800万人、さらに様々な要因により拡大しようとしています。飢餓問題の解決のために、私たちが知るべきこと、また行うべきアクションとはを共に考えてみましょう。

※公開準備中

落語動画

親善大使ゴスペル亭パウロさん(アマチュア落語家)による、世界食料デー限定の落語。ハンガーゼロスタッフがアフリカで体験したエピソードを素材に楽しく聞いて考えさせられる食料デー落語です。ウガンダ編とエチオピア編があります。

キリスト教会での支援集会向け

支援団体のキリスト教会で行われる「世界食料デー礼拝」向けの田村スタッフ(牧師)による礼拝メッセージです。貧困と飢餓に苦しむ人々にどのように向き合って、共生を実現していくのかを聖書的な視点から学びます。子ども用の動画もあります。

※限定公開(希望者は東京事務所まで)

世界食料デークイズ2022

今年も子どもたちや家族で楽しめる楽しいクイズ動画を作成しました。私たちの身近なところから出題されていますので、みんなチャレンジしてみてください。もし不正解だったとしても、それが世界のいまを知る機会になるのでとってもためになります。小さなことからはじめてみよう。

フィリピン報告動画(2021年版)

酒井保・慶子 フィリピン駐在スタッフ
ハンズ・オブ・ラブ・フィリピンの活動報告。コロナウィルスの影響、活動で大切にしていること、今後の展望など、映像や写真で説明します。自立開発支援ってなに? 何を目指しどんな課題があるの? そんな疑問に答えます。

コンゴ報告動画(2021年版)

ジェロム・カセバ コンゴ民主駐在スタッフ
現地のハンズ・オブ・ラブ・コンゴの活動や今後の課題などについて報告します。紛争が続くコンゴ民主共和国の人々の自立と和解に向けての取り組みは必見です。※英語音声・日本語字幕あり 英語の勉強にもなります!

ボリビア報告動画(2021年版)

小西小百合 ボリビア駐在スタッフ
コロナ禍にあるボリビアで、ボリビアの方々自らが何を始めたのか報告します。また「人づくり」の働きを通して、サポートを受けた子どもたちが成長して、どのように地域社会に貢献する人になっていったかも紹介しています。

組み立て式のクラフト紙募金箱

クラフト紙の厚紙で簡単に組み立てができます。
イベントや展示会などで設置していただく募金箱です。
サイズ:幅31cm×高さ22cm×奥行き12cm

希望される方は、ハンガーゼロ東京事務所までお問い合わせください

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

9月13日~11月末の期間、世界食料デー募金となります。

今回支援する(世界食料デー募金)

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する