世界食料デー2020WEB特集

飢餓・貧困・コロナに苦しむアフリカの人々の希望のために

10月16日の「世界食料デー」は1981年に国連が制定、世界に広がる食料問題や飢餓、極度の貧困を考え、解決していくことを目的としています。ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)は、この趣旨に賛同して、毎年10月1日〜11月30日を「2020世界食料デー月間」として、全国各地で世界食料デー大会や募金運動を行っています。
今年の募金は「アフリカの希望のために」として①コンゴ民主共和国②ルワンダ③エチオピア④南スーダン⑤ケニアで、子どもたちの学校給食、エイズ孤児や貧困から脱却を図る農家支援、またコロナ感染対策などに用いられます。

2020年はコロナ感染の影響により、全国での大会が減少しています。詳しくは以下の食料デー大会の開催情報表をご覧ください。(今後の状況により開催が中止される場合もありますので事前に確認をお願いします。)

食料デー大会の開催情報

ハンガーゼロでは、大会数が減少によって飢餓と貧困に苦しむ人々への支援が縮小することのないように①YouTubeオンライン大会の実施②現地活動や飢餓問題の講演動画③親子で学べる教材④親善大使の音楽動画などを提供して、少しでも多くの皆様が参加できるようにいたしました。

世界食料デー2020 動画




世界食料デー2020 アフリカ5ヵ国の報告




YouTubeオンライン世界食料デー大会

SNSが大好きな若いスタッフによる初企画。
番組ではアフリカの代表的な食材紹介コーナーや視聴者が参加できるボードゲームなどでハプニング大歓迎の楽しい内容となる予定です。
乞うご期待。
10月16日 午後8〜10時 ※視聴は下記リンクから

子ども向け教材

小冊子「アクション ブックレット」
(A5版8頁、ダウンロード版もあります)
支援するアフリカ5ヵ国について考えたり、親子で調べたりできます。

小冊子を希望される方は、ハンガーゼロ東京事務所までお問い合わせください

組み立て式のクラフト紙募金箱

クラフト紙の厚紙で簡単に組み立てができます。
イベントや展示会などで設置していただく募金箱です。
サイズ:幅31cm×高さ22cm×奥行き12cm

希望される方は、ハンガーゼロ東京事務所までお問い合わせください

ハンガーゼロ募金箱

ご家庭や個人で使っていただくための組み立て式のハンガーゼロ募金箱です。
サイズ:幅7cm×高さ13.5cm×奥行き7cm

希望される方は、ハンガーゼロ東京事務所までお問い合わせください

使用済みのハブラシ回収(募金になります)

使用済みハブラシの回収で1本2円の募金ができます。
家族で会社で食料デー月間に集めてみませんか。

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

9月17日~11月末の期間、世界食料デーの支援となります。

今回支援する(世界食料デー支援)

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する